クリニックで処方されるバルトレックスとコンジローマ

コンジローマは性感染症のひとつとされており、主に性交渉によって感染します。感染源はHPVというウイルスの一種で、軽く触れた程度では感染しませんが、皮膚に小さな傷があれば、そこから入り込んできます。感染すると性器や肛門の周辺に、鶏のトサカのようなイボができるのが特徴です。軽度の痛みや痒みがありますが、ほとんど自覚症状がないケースもあります。また自然に治まったように見えても、かなりの確率で再発するおそれがあるため、クリニックで治療することをお勧めします。
コンジローマの治療は、基本的には外科的療法により行ないます。電気メスやレーザーで焼き切るか、液体窒素で凍結させる方法などが用いられます。しかしウイルスを完全に除去できない場合は、再発の可能性が高くなります。そこで患部に軟膏を塗って、免疫力を高める方法も併用されます。軟膏は万能ではありませんが、根気良く続けることで再発率を下げることができます。コンジローマはそれ自体は命にかかわる病気ではありませんが、放置しておくとガンに変わる危険もあるので、軽視することはできません。
同じウイルス性の性感染症に、性器ヘルペスがあります。こちらの原因はヘルペスウイルスで、コンジローマとは異なります。この病気の特徴は陰部に小さな水ぶくれができて、ピリピリした痛みを覚えることです。性器ヘルペスはバルトレックスという薬で治療することができます。バルトレックスはウイルスの増殖を阻止する効果があり、早めに服用するほど症状を抑える効果が高くなります。ただし性器ヘルペスも再発しやすい病気なので、自己判断で薬を服用せず、医師の指示に従ってじっくりと治療に取り組むことが大切です。