バルトレックスでヘルペス再発防止

バルトレックスは有効成分であるバラシクロビルの作用によって、ヘルペスウイルスの感染が原因で起こる単純疱疹や帯状疱疹の症状を緩和させる効果がありますが、この他にも性器ヘルペスの再発を抑制する効果があります。
バルトレックスは2000(平成12)年に販売が開始された医薬品ですが、当初は単純疱疹や帯状疱疹の治療のみに適応する薬として販売されていました。しかし、バラシクロビルによる性器ヘルペスの再発抑制療法が日本国外では当時既に標準的な治療方法として採用されている現状があり、検討が重ねられた結果、2006(平成18)年にバルトレックスの効能として「性器ヘルペスの再発抑制」の追加が承認されました。
性器ヘルペスは、単純ヘルペスウイルスの感染によって起こる症状の一つで、性行為が主な感染経路とされています。この症状はバルトレックスを服用すれば改善されていきますが、体内にいるすべてのヘルペスウイルスが死滅させるまでの効果はなく、一部のヘルペスウイルスは体内で潜伏を続けることになります。この生き残っているヘルペスウイルスは、宿主の免除力が落ちることなどが原因となって活性化し、やがて身体に性器ヘルペスに初めてかかったときと同じように水泡やかゆみ、痛みなどが生じるようになります。これが性器ヘルペスの再発です。
性器ヘルペスは、患者によっては月に1度以上の高頻度で再発することがあり、予防も非常に難しいといわれています。こうした背景があって登場したのがバラシクロビルの性器ヘルペス再発抑制療法で、1日1回の服用を1年程度継続することで性器ヘルペスが再発するリスクを大きく低減させることが可能です。また、性器ヘルペスの再発を抑制することで、性行為の相手が単純ヘルペスウイルスに感染するリスクにもつなげることができます。

バルトレックスの副作用とは

細胞内でウィルスDNAの複製を阻害する作用を持った成分のバラシクロビル塩酸塩を主成分とする事によって、各種ヘルペスウイルスの増殖を抑制する薬品であるバルトレックス。
その効果から単純疱疹や帯状疱疹、性器ヘルペス、小児の水ぼうそう等の様々な症状に対する治療薬として広く認知されています。
しかし同時に多くの副作用を引き起こす可能性のある薬品でもあり、患者の方が服用すると各症状毎に異なる副作用を引き起こしてしまうのです。
これをそれぞれ挙げていくと、まず単純疱疹の患者の場合は頭痛や眠気、肝機能検査値の上昇。
帯状疱疹の患者の場合は肝機能検査値やクレアチニン値が上昇する等の腎障害、腹痛。
性器ヘルペスの患者の場合は頭痛や嘔気や下痢、腹痛の発生。
そして小児の水ぼうそう患者の場合は肝機能検査値の上昇や便秘気味になる等となっています。
しかしこれ等は副作用の中ではまだ軽い物となっており、更に重篤な副作用を稀に引き起こす可能性をバルトレックスは持っているのです。
この重篤な副作用としてはむくみや尿の濁りや吐き気等を引き起こす急性腎不全、妄想やけいれん等といった重い精神神経症状、顔や喉の腫れに蕁麻疹の発症等を引き起こすアナフィラキシー様症状、皮下出血や歯肉出血等の出血に代表される重い血液成分の異常、口部の爛れや水ぶくれ等を引き起こす皮膚粘膜眼症候群、息苦しくなり熱を発症する間質性肺炎、呼吸が弱くなって息苦しくなる呼吸抑制、上腹部から背中に掛けて激しい痛みが出る他に嘔吐症状も発する膵炎等が挙げられます。
これ等の副作用の為に腎障害の方や高齢者や妊婦、小児の方がバルトレックスを利用する場合には、医師との相談を行いながら服用を検討していく事になるのです。

バルトレックスを安価に購入するには

バルトレックスは、身体に常在している細菌の活動が原因で炎症が起こった場合に、細菌の増殖を抑えて、症状を緩和させる目的で患者に投与される薬ですが、日本国内でこの薬を手に入れるには、病院で一度診察を受けて医師に処方せんを出してもらった後、調剤薬局にそれを提出しなければなりません。バルトレックスの1錠あたりの薬価は2016(平成28)年4月からは405.6円となり、多少安くなってきたものの、依然として高価な医薬品であることに変わりはありません。帯状疱疹や水痘の治療が目的であれば保険が適応されるため安く手に入れることはできるものの、薬代以外にも病院の診察料や、薬局における調剤料や管理料などの負担も加わるため、バルトレックスを1回手に入れるためにはまとまった金額を用意する必要があります。
バルトレックスを安価に購入したい場合、とることができる方法は2つあります。1つは、外国の市場で出回っているバルトレックスを個人輸入代行業者から購入することです。外国製のバルトレックスは、日本における薬価の半分程度の値段で出回っていることが多いため、薬の服用による責任を自分でとることができるのであれば、この方法が有効です。もう1つの方法は後発医薬品を購入する方法で、先発品であるバルトレックスに対してこだわりがなかったり、外国製の医薬品を購入することに不安を感じるのであれば、こちらの方法であれば安心して服用し続けることができるでしょう。バルトレックスの後発医薬品は先発品の特許の有効期限が切れた2013(平成25)年12月以降、たくさんの製薬メーカーから発売されており、薬価は1錠あたり188.8~219.4円となっていて先発品よりかなり安く手に入れることができます。
●細菌の増殖を抑えることができます
ミノサイクリン
●バルトレックスは個人輸入を代行してくれる通販でお買い求めを!
性病治療はバルトレックスで!